儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > myt  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建設事業者への社会保険加入促進指導が11月から始まるよ

2012 - 10/22 [Mon] - 17:38

建設業法施行規則の改正を受けて、7月に建設業法遵守ガイドラインが再改定されました。そのなかで私たちに関連するものとして「12-2社会保険・労働保険への加入について」があります。視点としては法定福利費を不当に削減することで下請代金を引き下げているということが建設業法にある「不当に低い請負代金の禁止」に抵触するとの見方です。

これを受け「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」が平成24年11月1日より施行され、中小零細建設業が下請けとして仕事をするときに元請事業者の責務が示されました。平成29年をめどに建設会社の社会保険加入に関するチェックが厳しくなるものと思われます。


社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン
建設産業においては、健康保険、厚生年金保険及び雇用保険(以下「社会保険」という。)について、法定福利費を適正に負担しない企業(すなわち保険未加入企業)が存在し、技能労働者の医療、年金など、いざというときの公的保障が確保されず、若年入職者減少の一因となっているほか、関係法令を遵守して適正に法定福利費を負担する事業者ほど競争上不利になるという矛盾した状況が生じているところです。
 この対策に際しては、建設産業全体としての枠組みを整備し、行政、元請企業及び下請企業が一体となって取り組んでいくことが必要です。
 下請企業を中心に保険未加入企業が存在している状況を改善していくためには、元請企業において下請企業の保険加入を指導する役割を担うことが求められております。今般、下請企業の保険加入状況を把握することを通じて、適正な施工体制の確保に資するため、施工体制台帳の記載事項及び再下請通知の記載事項に健康保険等の加入状況を追加すること等を内容とする建設業法施行規則(以下「規則」という。)の改正を行ったところです。
 上記規則の改正に関連して、建設業における社会保険の加入について、元請企業及び下請企業がそれぞれ負うべき役割と責任を明確にし、建設企業の取組の指針となるべきものとして「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」を別添のとおり制定しました。

http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_fr2_000008.html


myt

スポンサーサイト

ちょっと大人な週末

2012 - 08/11 [Sat] - 06:29

定例的に飲み会をしている士業の仲間数人と京都鴨川の川床に行ってきました。夕方のまだ西日が強い時間からの開始ですが、思った以上に暑くなく、逆に川風が心地よく充実した夕食を満喫いたしました

川床

この場所は京都市役所に程近く、かなり繁華街から北方向へ離れているので、余計な都会の喧騒も隔離され静かな大人の時間が過ごせます


川床2

過去には文人墨客も到来したとのことで風情のある建物です


川床3

やっぱりこの時期はハモ会席ということで、疲れるほど舌鼓を打ちまくりました。

myt

営業活動異聞

2012 - 07/03 [Tue] - 08:37

先日、ある士業交流会に行ってまいりました。その交流会は少々変わっておりまして、あいさつは名刺の変わりにスコアカードで行います。

そう、つまり士業ばかりのゴルフコンペです。もう開催回数は22回ということで、盛況に続いているイベントです。参加メンバーはまちまちで士業コンペということですが、一部サラリーマンや自営業の方も居られます。

一応、皆様ゴルフの腕前は非常にお上手なのかな。と思い腰が引けていたのですが、そこはご愛嬌で経験年数も技量も幅広い方々が集っておられます。

特徴の一つとして割と営業や業務についてあからさまにフランクに会話が許される雰囲気で、初めて会う人でもいきなり相談を持ちかけている光景があちらこちらにありました。

実は私は2回目の参加なのですが、このコンペのいい所として、優勝すると皆さんの前で3分間の営業スピーチが許されるというものです。それほど厳正なものではありませんが、いろいろな方々に社会保険労務士をアピールできるチャンスではあります。

前日からパターの練習をしながらあいさつの練習をするという邪な態度で参加したところ、みごとにスピーチのチャンスをゲットすることができました。その他ドタバタもありまして、早々に皆さんに名前を覚えていただけたのではないかと思っております。

という訳で、今後も更なる営業活動の向上を図るため、もう少しパターの練習が必要だと心に期す次第です。

myt

まだまだ視野が狭い

2012 - 05/30 [Wed] - 07:44

先般、関越道で痛ましいバス事故がありました。バス会社の管理責任が大々的に問われております。そんな折、私の顧問先のトラック運送の会社に陸運局の監査が入りました。

貨物自動車運送事業法に基づく監査で、3名の係官によるものです。トラックの管理・運行状況からドライバーの管理状況まで幅広くチェックされます。

もちろん、労働保険・社会保険の加入状況も適正であるかどうかも厳正にみていきます。しかし、その会社には繁忙期にだけ短期間臨時に有期雇用するドライバーが若干名おり、社会保険の加入はありませんでした。

そのとき係官から「アルバイトのドライバーはダメです。2ヶ月以内の短期の雇用は認められません」と指導がありました。

お恥ずかしい話ですが、後でこの話を聞いた私を含め、現場に立ち会った会社関係者もそのような規定があることを知りませんでした。そこで早速調べたところ「貨物自動車運送事業輸送安全規則」というのがあってその第3条が次のようになっています。

(過労運転の防止)
第三条  一般貨物自動車運送事業者等は、事業計画に従い業務を行うに必要な員数の事業用自動車の運転者(以下「運転者」という。)を常時選任しておかなければならない。
2  前項の規定により選任する運転者は、日々雇い入れられる者、二月以内の期間を定めて使用される者又は試みの使用期間中の者(十四日を超えて引き続き使用されるに至った者を除く。)であってはならない。
3  貨物自動車運送事業者は、運転者及び事業用自動車の運転の補助に従事する従業員(以下「乗務員」という。)が有効に利用することができるように、休憩に必要な施設を整備し、及び乗務員に睡眠を与える必要がある場合にあっては睡眠に必要な施設を整備し、並びにこれらの施設を適切に管理し、及び保守しなければならない。
4  貨物自動車運送事業者は、休憩又は睡眠のための時間及び勤務が終了した後の休息のための時間が十分に確保されるように、国土交通大臣が告示で定める基準に従って、運転者の勤務時間及び乗務時間を定め、当該運転者にこれらを遵守させなければならない。
5  貨物自動車運送事業者は、酒気を帯びた状態にある乗務員を事業用自動車に乗務させてはならない。
6  貨物自動車運送事業者は、乗務員の健康状態の把握に努め、疾病、疲労その他の理由により安全な運転をし、又はその補助をすることができないおそれがある乗務員を事業用自動車に乗務させてはならない。
7  一般貨物自動車運送事業者等は、運転者が長距離運転又は夜間の運転に従事する場合であって、疲労等により安全な運転を継続することができないおそれがあるときは、あらかじめ、当該運転者と交替するための運転者を配置しておかなければならない。
8  特別積合せ貨物運送を行う一般貨物自動車運送事業者は、当該特別積合せ貨物運送に係る運行系統であって起点から終点までの距離が百キロメートルを超えるものごとに、次に掲げる事項について事業用自動車の乗務に関する基準を定め、かつ、当該基準の遵守について乗務員に対する適切な指導及び監督を行わなければならない。
一  主な地点間の運転時分及び平均速度
二  乗務員が休憩又は睡眠をする地点及び時間
三  前項の規定により交替するための運転者を配置する場合にあっては、運転を交替する地点

今回の件で、労働法の範囲外であっても労務管理に関係のある規定があり、また我々社労士も知らないとは言ってはいられないのだと痛感いたしました。

追記
なお、係官が帰り際に「この監査の結果は年金事務所にも連絡が行きますのでそちらから別途問合せがあると思います。」と言い残して行かれました。(汗)

別の時限爆弾がセットされたみたいです。

myt


私の未来予想図

2012 - 05/03 [Thu] - 08:53

ご存知、D・E・スーパーは人生のキャリアの基準として、長さと幅があり、その幅をみるときに様々な役割の組み合わせであると定義し、虹(レインボー)に例えて説明しています。

その主な役割としては
1. 子供(息子/娘)
親との関係における自分、親に対して注がれる時間のことを意味します。
2. 学生
学ぶという立場にいるのが学生。小・中・高、大学はもちろん、働きながら夜社会人大学院などに行く人もまた学生の役割も兼ねています
3. 職業人
文字どおり、仕事をやるという立場。アルバイトなども立派な職業人としての役割です
4. 配偶者
夫、妻の役割。法律上の夫婦でなくても、共に生活を送るパートナーとしての役割です
5. ホームメーカー
親元を離れてから始まる役割。家事全般をやる役割で、多くは女性が主婦と呼ばれて担当しますが、男性がやることが多い日曜大工的なことも、家庭人としての仕事です
6. 親
子どもを持ったときから始まる役割です
7. 余暇を楽しむ人
文字どおり、趣味やスポーツなど、好きなことをして楽しむ立場、それに費やす時間のことです
8. 市民
スーパーは、市民という役割を無給のボランティアに時間やエネルギーを費やす役割としています。社会を構成する一員として、社会に貢献をするということです

私の場合、最近子供2人が独立したので「親」としての役割は減少しています。もともとあまり親らしいことはできていませんが・・。

その分両親は未だ健在ではありますが、健康面の衰えが否めないので、滅多に実家にも寄り付かなかったのが、最近は顔を出す機会が多くなり「子供」としての役割が増えたように感じます。

とは言いつつも、売上げの伸びない中「職業人」としての役割が日々の大半を占めているのが現状です。これから、5年、10年のときが過ぎて行くとこの役割配分がどうなっていくのか、自分の近未来予想図に興味津々です。

若者ネタが続きますが・・。

2012 - 04/09 [Mon] - 18:50

私の場合。うーん、なぜだろうと最近考えることがあります。それは私たちの次の世代の方々について。
もちろん、うちの息子たちなんかも含まれますので親の躾の方向に話題が行くと辛いものが。

まぁとにかく、ある顧問先で面接担当をやったときのこと、アルバイト募集ということで、ある日の応募者が10人だったのが実際に面接に来たのはたった2人です。それも何も断りも入れずに面接のキャンセルということなのでしょうか。

そして、そういう日々を数回繰り返して、やっと5人の採用を決めたところ、初日の夜にはもう辞めさせてもらいますってそれもメールで。なんだろう、真剣さがたりないと思ってしまう。

それに比べて、先日仕事で奈良へ行きました。天気がよかったので街をぶらぶら散策していると、やっぱり古都奈良です。周りには外国からの観光客もたくさん歩いていました。

そんなとき、私の真横でかなり年配のおじいさんが自転車に乗っていたのですが、歩道の段差に乗り上げて、自転車ごとひっくり返ったのです。

スローモーションのようにゆっくりと転んだのでたいした怪我もなかったようでしたが、そのとき私がその自転車を起こしてあげていると、付近にいた外国の若い人たちが駆け寄ってきて、そのおじいさんを起こしてあげて、ズボンを叩いてあげて、介抱しているのです。

実に手際よく、またごく自然体で。しかし、多くの日本の若者は素通りでした。

そこで、冒頭の話に戻ります、やっぱり何か違う。私たちの次の世代を担う若者に少々不安を感じているのは私だけでしょうか。

myt

近所の有名人

2012 - 04/02 [Mon] - 06:44

先日、テレビをつけたら、大阪が生んだ世界的建築家安藤忠雄さんが出演していました。ふと目に停まったのにはわけがあります。少し前に安藤さんの著書「仕事をつくる」を読んだばかりだったからです。

また、安藤さんの事務所は私の事務所ビルのすぐ隣にあり、普段から町でよくお見かけするのでとても親近感を抱いておりました。安藤さんの風貌は遠くからでもすぐわかります。鋭い眼光、畏怖堂々としたいでたちそして紫色の頭髪。

安藤さんの著書では、これまで親交のあった方々とのエピソードがふんだんに盛り込まれており、また、著名人の様々な言動が紹介されています。

たとえば、「人間は前を向いて生きることが一番大切・・・いちいち学歴や職業なんか聞いておれん、一生懸命生きているかどうか、それだけや」と安藤さんが無名の時代から応援してくれたサントリーの佐治さんのことばを紹介しています。

また、アメリカの詩人サムエル・ウルマンの「青春とは人生のある期間をいうのではなく、心の持ち方を言う。・・・人は年齢を重ねただけで老いるのではない。理想を失ったときに初めて老いる。情熱を失うときに精神はしぼむ。」との一節が印象的でした。

そして、安藤さん自身も「コンピューターを介さない直接の人間関係」を大切にしつつ「知的好奇心を常に旺盛に」と考え、「熱意のある人間は人を動かすことが出来る」との姿勢で仕事に取り組んでおられるとのことです。

建築家も我々社労士も個人の裁量で仕事を進めている点に共通点があると思い、安藤さんの仕事の取り組み方に学ぶところが多かったように思いました。

myt

変わったお友達

2012 - 03/22 [Thu] - 09:42

皆様にも士業のお付き合いが多いと思います。やはり、この仕事をしていると事業主さんから社労士のフィールド以外の話題になることも多く、もちろん知らないことにいい加減な応答もできないので、誰か知り合いの士業さんを紹介する。ということも多いのではないかと思います。

先日、ある飲食店を始める若手の方とお話しをしていました。許認可の関係である行政書士の方をご紹介させていただきました。その後その新規開店する事業主さんからお礼の電話をいただきました。

その紹介した士業の先生がとてもよかったからだとのことです。では、その方のお話を少々。

行政書士の先生には元警察官という経歴の方が多く居られます。以前は車庫証明の代行なども業務としてやっておられたようです。しかし、その先生は少し違う経歴です。バリバリの刑事(デカ)出身でそれも府警本部捜査一課強行犯係所属だったそうです。

強行犯係とはまさしく殺人、放火、傷害などの事件を担当します。よくテレビドラマに出てくる刑事さんというのはこの係りの方です。ちょっとやそっとの神経では務まらないのではないかと私などは思ってしまいます。

また、この方はその中でも選りすぐりの方で在任中にアメリカのFBIに研修留学後、SWATという特殊強襲部隊の訓練も受けてきたという筋金入りの経歴なのです。

平成12年に発生した西鉄バスジャック事件では、事件解決となったインターチェンジの次のインターチェンジでスタンバイしていたそうです。小型のマシンガンを構えて訓練している写真をたくさん見せてもらいました。

私なども危機管理、緊急対応ということを業務にしていた関係でこういう経歴の方とお話しているととても楽しくて仕方ないので、今回皆様にご紹介させていただきました。

しかし、この方実際に話しているととても冗談ばかりでまったく強面のイメージはありません。また、最近は新地のお店の用心棒の引き合いが多くてなかなか繁盛しているようです。

いろんなジャンルのお友達がたくさんいると私の話題の引き出しが増えたような気がするので、それはそれでいいのかな なんて思っています。

myt

心に刻んだ一言

2012 - 03/05 [Mon] - 18:41

先日、ある遺族厚生年金の手続きをさせていただきました。このご夫婦は同居はしていたものの、別世帯になっていたのでいろいろと資料を揃えるのに手間取りました。

また、亡くなったご主人の死因は自殺でかなり突然のことだったみたいで奥様にしても遺品の整理にはかなりお時間がかかったようにお見受けいたしました。

なんとか手続きも無事終了し先週、奥様の手元に遺族厚生年金の証書が届きました。連絡をいただき、私もお預かりしていた様々な資料をお返しに伺った時のことです。

ご主人の仏壇にその年金証書が置かれており、それを見せていただきながら奥様の一言が忘れられません。「先生、どうもありがとうございました。主人が私に残してくれたこれを大切にいたします。」

今回の手続きでは、ご夫婦であることについて多方面の資料を用意いたしました。ご主人が奥様に宛てた遺書も拝見いたしました。線香のにおいが染み込んだ直筆の遺書を見たのは初めてでした。

ご主人の語りかけるような文章に胸が締め付けられる思いがし、また、無事手続きが終了し奥様の喜んだ顔を見て、ちょっといい仕事をした気分になりました。

myt

営業推進月間後記

2012 - 02/23 [Thu] - 08:14


以前の記事で二月を営業推進月間として、頑張るぞって宣言していましたが、その中間報告というか、皆様にご意見を頂戴したく、よろしくお願いいたします。

何とか二社の契約にこぎつけまして、一社は三月からですが、もう一社は二月から早速お手伝いをさせていただいております。

しかし、早々に笑ってしまいそうな事実が判明しました。その会社は先日行政官庁の立ち入り調査を受け、どうも不始末な点を指摘された挙句、代表が調査官に食って掛かったらしく、近々行政処分(営業停止)が出そうだとか。

私ども社労士の業界では、よく労働基準監督署の是正勧告を受けた事業所に指導対応すると顧問契約に繋がることがあるといいます。これには賛否があると思いますが、その意見としては

1.法令順守できていなかった事業所さんに以後関与することで、コンプライアンスの向上に寄与できるし、社労士冥利に尽きる
2.そんな法令を軽視するような事業所とは関係を持つことなく、もっとクリーンな事業所を選択するほうが、今後手間がかかるだけだよ
3.細かいことはどうでもよく、顧問先を増やして売り上げを伸ばすことが先決だ

などがあると思います。③は論外としても私なんかは①かなって思っております。しかし、今回の場合は少々程度の問題がありますよね。

ご存じのとおり、労働基準監督署の是正勧告というのは行政法の理屈でいえば(行政法という法典はありません。行政組織法、行政作用法、行政救済法などの総称)行政処分ではなく、それ自身は任意性の高い行政指導の範疇です。ただ、一般的にはその後の不利益な展開を恐れて、是正勧告に対して真摯な態度で対応することが多いようです。

しかし、今回の私の場合は、いきなりそれ以上の行政処分という段階に至っております。今更コンプライアンスのどうこうというレベルではないのかもしれません。もちろん、私が関与することで以後の是正にはつながると思っていますが、どんなもんでしょうか。

ここは勇気ある撤退か、性根を入れてとことん関与するか、皆さんだったらどうされますか。

myt

 | HOME |  »

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。