FC2ブログ

儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > Oちゃん  

500社を見てきた社労士がこっそり教える 女性社員のホンネ

2013 - 05/31 [Fri] - 09:00

皆さん、おはようございます。
今週も本の紹介をします。

500社を見てきた社労士がこっそり教える 女性社員のホンネ (青春文庫)500社を見てきた社労士がこっそり教える 女性社員のホンネ (青春文庫)
(2013/05/09)
長沢 有紀

商品詳細を見る



埼玉県の社労士法人を経営されている長沢有紀氏の著書です。

業界では有名な方なのでとりあえず購入して読んだという次第です。

社労士が書くテーマは大体決まっていますが、この本はその枠を超えています。

長沢氏の個性が前面に押し出されています。
読んでいると、笑みがこぼれてきました。
型破りな一冊だと思います。

あんまり社労士、関係ないような・・・。
でもおもしろいですよ。

ご興味があればどうぞ。

社長は少しバカがいい。

2013 - 05/24 [Fri] - 09:00

皆さん、おはようございます。
今週も本の紹介をします。

社長は少しバカがいい。~乱世を生き抜くリーダーの鉄則社長は少しバカがいい。~乱世を生き抜くリーダーの鉄則
(2013/01/25)
鈴木喬

商品詳細を見る



「消臭力」などでおなじみ、エステー株式会社会長の著書です。

おもしろかったです。
鈴木氏の社長論をストレートに書いています。
気取ったところがないので、心に届きますよ。

一部引用します。

社長に必要なのは、「運」と「勘」と「度胸」。ドシっとした腹なんだよ。


一部だけ引用しても伝わらないかもしれません。
一読する価値のある本だと思います。
ご興味があればどうぞ

海賊と呼ばれた男

2013 - 05/17 [Fri] - 09:00

皆さん、おはようございます。
遅ればせながら読みました。
出光興産の創業者である出光佐三氏をモデルにした百田尚樹氏の著書です。

上下巻と量はそこそこありますが、グイグイ読めます。
おもしろいです。私、もう一度読みます。
ご興味があればどうぞ



海賊とよばれた男 上海賊とよばれた男 上
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る



海賊とよばれた男 下海賊とよばれた男 下
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る


色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

2013 - 05/10 [Fri] - 09:00

皆さん、おはようございます。
今週も本の紹介をします。
村上春樹氏の新刊、本屋に積んであったのでつい買ってしまいました。
村上氏の作品は「国境の南、太陽の西」以来読んでいないはずです。
特に面白くなかったというわけではないのですが、なんとなく読む気がしなかったのです。そんな中、久々に読んでみました。



私は面白かったです。
本の世界にどっぷりとつかりながら、楽しい時間を過ごせました。
「そうそう、村上春樹ってこんな感じやったな~」という懐かしさを感じつつ読了しました。
楽しいですよ、ご興味があればどうぞ。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
(2013/04/12)
村上 春樹

商品詳細を見る


雇用法改正 人事・労務はこう変わる

2013 - 04/26 [Fri] - 09:00

皆さん、おはようございます。
今週も本の紹介をします。


雇用法改正 人事・労務はこう変わる (日経文庫)雇用法改正 人事・労務はこう変わる (日経文庫)
(2013/02/16)
安西 愈

商品詳細を見る


2012年に法律が大きく変わりました。
労働契約法、労働者派遣法、高年齢者雇用安定法

お客様からも説明を求められることも多かったです。
ワイドショー、ニュースから法律が変わったことを知りましたというお客様も多くいらっしゃいましたので、
世間的にも関心がある話題ということでしょう。

一通り内容はつかんでいるつもりですが、確認ということでこの本を買いました。
概要を知っているはずの私が読んでもむずかしーと思うところがあります。

この難しい法律を、それぞれの会社状況を鑑みて、
経営者の腹に落ちるようにご説明するのが、社労士の仕事だと思います。
難しいことを簡単に説明するのは本当に難しいです。
まずは自分自身がよく理解していないと相手には伝わらない。

分かりやすく説明する、ということを日々意識しているのですが、最近知らぬ間に専門用語を使っている時があります。しかも自分としては専門用語を使っている気がない、お客様のなんのこっちゃというお顔を見て、おっとこの言葉は一般的ではないのかと気付くということがあります。

以前はそんなことはなかったので、
これは私の感覚がずれてきているということだと思います。
いわゆる専門家病でしょうか。
今後も気をつけていかないといけません。

Googleサービス 超活用Perfect GuideBook

2013 - 04/19 [Fri] - 09:00

皆さん、おはようございます。
今週も本の紹介をします。


Googleサービス超活用 Perfect GuideBookGoogleサービス超活用 Perfect GuideBook
(2012/06/30)
佐野 正弘

商品詳細を見る



スケジュール管理について試行錯誤をしています。
グーグルカレンダー、サイボウズなどのオンライン管理を試した。
手帳もフランクリンプランナーなど有名な手帳を使ってみたこともある。
私の場合、デジタル化はすこし不安が残り、時間もかかってしまいます。
手帳は重たい手帳は持ち歩きが不便できつくなりました。
ということで、少しでも軽くて小さい手帳を探して、手帳でのスケジュール管理になっています。

それで、「やはりデジタル化も検討すべきか・・・・」と考えたので、グーグルサービスの本を買いました。

とりあえずグーグルカレンダーに再挑戦して、時間単位のスケジュールが組めるところはいいです。
仕事に締切りができてシャカシャカできるようになります。
ただ、入力するのが面倒になってしまいます。
それやったら書いた方が早い、と思ってしまう。
やはり私はデジタルには向いてないんでしょう。

ということでやはり、手帳に戻りました・・・

泣く子もほめる!「ほめ達」の魔法

2013 - 04/12 [Fri] - 09:00

皆さん、おはようございます。

今日も本の紹介をします。

泣く子もほめる! 「ほめ達」の魔法 (経済界新書)泣く子もほめる! 「ほめ達」の魔法 (経済界新書)
(2013/03/09)
西村 貴好

商品詳細を見る



「ほめ達」この本の著者、西村氏の講演を一度聞いたことがあります。

ライブ感あふれる面白い講演でした。

そのときから、人をほめることの有用性を説いておられました。

人をほめる。私は難しいと思います。

ただほめればいいというものではない。

なかなかできません。

「ほめ達検定」とりあえず参加しよかな?

面白い本でした。ご興味があればどうぞ。

たった2時間の学びで仕事は好転する。

2013 - 04/05 [Fri] - 09:00

皆さん、おはようございます。

今週も本の紹介をします。

たった2時間の学びで仕事は好転するたった2時間の学びで仕事は好転する
(2013/03/14)
松尾 昭仁

商品詳細を見る



私なりに、この本の内容を一言にまとめます。


行動あるのみ

です。

本のタイトルから分かるように、勉強の重要性を説いた本でありますが、同時にアウトプットをしないと意味がないし、インプットだけして自己満足に陥るような人は危険だということが書かれてあります。

これは私にとっても耳が痛い話でした。
私自身も、いろいろなセミナーに参加します。
法改正セミナー、人事制度セミナー、経営セミナー等、さまざま。
参加したときは、気付きがあり刺激を受けます。
本当は実践するべきなのですが、なんやかんやでしない。
で、セミナーマニアのようになっていく、と。
自分にも兆候が出ているような気がします。

これは気をつけないと。
アウトプットもしますよ。



いつやるか?今でしょ!

2013 - 03/29 [Fri] - 09:00

皆さん、おはようございます。

今週も本の紹介をします。

いつやるか? 今でしょ!いつやるか? 今でしょ!
(2012/03/10)
林 修

商品詳細を見る



今、旬といえば、この人でしょう。
この本の出版が約1年前ですので、結構前から使っているフレーズなんですね。

本の内容は勉強の仕方であるとかいわゆる自伝的な話かと想像しておりましたが、どちらかというとビジネス書というか、生きていく上での考え方が書いてあります。

文章を読んでおりますと、林氏独特の視点でいろんなことを斬ってあります。
この先生の授業はさぞかしおもしろいんでしょう。

いつやるか?今でしょ!

いいフレーズですね、しばらく流行りそうです。

夢を売る男

2013 - 03/22 [Fri] - 09:00

皆さん、おはようございます。
今週も本の紹介をします。

夢を売る男夢を売る男
(2013/02/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


百田尚樹氏の著書です。
最近よくテレビでもお見かけしますね。おもろいおっちゃんです。
永遠の0が素晴らしかったので、平積みになっていた「夢を売る男」も買ってしまいました。

いわゆるブラックユーモアです。
出版業界の裏事情が書いてあって、フィクションであっても、これは喧嘩売ってるととる関係者もいるでしょう。たぶん百田氏は出版業界にも言いたいことがあるんでしょう。この本は勇気ありますよ。読んでみるとよくわかります。

そうかもなぁと思った箇所を引用します。

「知ってるか。世界のインターネットのブログで、一番多く使われている言語は日本語なんだぜ。」
「本当ですか」
「今から七年前、二〇〇六年に、英語を抜いて、世界一になったんだ。当時のシェアは三七%だ。今ならもっと増えているだろう。」
荒木は驚いた顔をした。
「七十億人中、一億人ちょっとしか使わない言語なのに。それはどういうことですか?」
「日本人は世界で一番自己表現したい民族だということだ」



日本人で、人前で発言することはできないけど、自分の思いを誰かに分かってもらいたいと思う人は多いでしょうね。他の国ならば、自己表現したいという気持ちがあるなら、その思いを人前でも表現できる。しかし、日本人はあまり人前で表現するのは得意ではないと。それで、ブログシェアで三七%という数字となるのかと納得をしました。


賛否分かれると思いますけど、私は面白かったです。
ご興味がある方はご一読下さい。

« | HOME |  »

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示