FC2ブログ

儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > 2010年12月21日  

後期高齢者医療制度

2010 - 12/21 [Tue] - 20:20

”呼称”が良くないと評判の悪いこの制度。
ついでに”制度の内容”も良くないと、常に見直し論がくすぶっているこの制度…

この後期高齢者医療制度に関して、先日、会計事務所の職員さんからこんな質問を受けました。

職員さん 「給与計算の際、69歳の方の健康保険料が控除できないんです。どうしたら良いんでしょう?」
私     「どういうことですか?」

職員さん 「給与計算ソフトで、”後期高齢者の被保険者となる障害に該当します”というメッセージが出ているんです」
私     「そうですか…」

後期高齢者というと、75歳以上というイメージがありますが、障害者でも加入(被保険者)となるのか…
調べてみると、後期高齢者医療制度の被保険者とは次の方々になります。

【被保険者となる方】
① 75歳以上のすべての方
② 65歳から74歳の方で、申請により広域連合が一定の障害の状態にあると認めた方

むむ、”申請”により!?…ということは、申請しなければ被保険者にならないということか…

確認したところ、そのとおりでした。言い方を変えますと、

65歳から74歳の方で一定の障害状態にあれば、広域連合に申請して後期高齢者医療制度の被保険者となってもいいし、そうなりたくなければ申請しなければ、現在のまま、例えば協会けんぽや国民健康保険等の被保険者のままでいられるという選択制でした。

また、「撤回届」があるように、一定の障害状態の認定を受け後期高齢者医療制度の被保険者になったとしても、この撤回届により75歳になるまでは、いつでも協会けんぽや国民健康保険等に選択替えできるということでした。

なるほど…φ(。。;)

参考リンク:大阪府後期高齢者医療広域連合

hyer

スポンサーサイト



 | HOME |  »

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示