FC2ブログ

儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > 2011年12月02日  

納得できない。

2011 - 12/02 [Fri] - 11:40

皆さん、おはようございます。

助成金に関する件で、私が納得できなかった出来事です。

私のクライアント(以下A社とする)が、ハローワークを使って求人募集をし、
1名を新規採用致しました。

その方(以下Xさんとする)は「若年者等正規雇用化特別奨励金」の対象であると
紹介状には赤いスタンプで押印されていました。

Xさんが入社後、「助成金の対象ではなくなりましたので会社の方へお伝え下さい。」と
Xさんに対してハローワークより連絡が入りました。
驚いたXさんはすぐにA社へ報告をし、社長は激怒して役所へ説明を求めました。

なぜこんなことになったのかというと、Xさんが以前に在籍した会社(以下B社とする)より
遡及して雇用保険資格取得手続きは行われたからです。

① ハローワークよりXさんを紹介される。
 この時点では1年以上雇用保険に加入していないので助成金対象であり
 紹介状にもその旨が記載されている。
② Xさんが入社する。(まだ助成金対象)
③ B社が遡及して雇用保険資格取得手続きをする。(ここで助成金対象ではなくなる)
④ ハローワークよりXさんに連絡が入る。

以上のような流れです。

私からすれば、これはレアケースだというのはわかりました。
Xさんも、A社も、ハローワークもミスはありません。
悪いとすればB社、そして制度上の不具合だと思います。

A社の立場からすると、理屈はわかるが、なぜ助成金がもらえなくなるのかが
納得できないご様子で、役所の方へ詰め寄っていました。
私は社長の気持ちがよくわかったので、社長寄りの立場でした。

交渉の結果、どうにもならんということがわかったので、結局はあきらめることと
なりました。(仕事に専念する方が得だという結論になったので。)

もともとXさんは助成金対象ではなかったのはわかるが、紹介された時点では
対象であると役所よりの紹介状に書いてあった。
それをあっさりと覆されるというのは、どうしても納得できませんでした。

t.o

スポンサーサイト



 | HOME | 

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示