FC2ブログ

儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > 2012年03月07日  

10年後には会社は必要ない?

2012 - 03/07 [Wed] - 09:00

本日はまたお薦めの一冊をご紹介します。

近年は「全能思考」が話題になりましたが、ダイレクトマーケティングの日本での第一人者で有名な経営コンサルタント神田正典さんの最新作です。

内容は、著者の神田氏が70年周期説なるもので、今後の日本の未来で起こることを予測し、そこから、次の時代で活躍できる人材になるために何が必要なのかについて述べられた一冊です。

70年周期説とは、歴史は70年周期で繰り返されるというもので、ニューヨークのウォール街でトップクラスの実績を上げているファンドマネージャーの大竹愼一氏の教えをきっかけに著者が編み出した理論です。

この理論、なんとなく説得性もあり、また将来についての指摘も独創性があり、非常に刺激を受ける内容です。

現在の景気と政治の低迷から近いうちに日本自体が破綻することも想定されているなど、日本の近未来をかなり現実的に受け止めた上での提案になっています。

この本の中で著者は、

「将来、すべての会社はなくなる・・・・・」

と予測しています。

その根拠として、現在の企業体が抱える矛盾問題点がシンプルに指摘されているのですが、この部分は日々の業務を通じて、私自身も感じることもある部分でした。
また、別の根拠として現在のITの進化や働く人のモチベーションの源泉などが移り変わりを指摘されているのですが、最近の若い人たちと会話したときに感じる仕事に対する考え方や思い、などを考えますと、この本に書いてある方もあながち誇張ではないのかもしれない、と感じてしまいます。

また、この本の中では年代別に今後10年で活躍するための役割がそれぞれ説明されていますが、仕事の形態が、インフォメーションからエクスフォメーションに代わるというようなくだりがあり、この部分は、最近急速に普及しているFBなどのことを考えると、かなり興味深い部分です。

このエクスフォメーションの在り方を追求していくと、我々の仕事の在り方、アプローチも随分変わることが予測されます。

インフォ的仕事の成長から、エクスフォ的業務の時代に・・・

このような変化が起きた時、我々の仕事はどのような意味と価値を持っていくのでしょうか?

いろいろと示唆に富んだ興味深い一冊です。

ご興味のある方は是非・・・

2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)
(2012/01/19)
神田 昌典

商品詳細を見る

スポンサーサイト



 | HOME | 

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示