FC2ブログ

儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > 2012年04月04日  

百聞は一見にしかずの続き

2012 - 04/04 [Wed] - 07:00

いよいよ新年度が始まり、社員研修の季節が到来しています。

フレッシュな社員の方と接していると、こちらまで身が引き締まるような気がし、心が若返るような気がします。
若かりし日の自分を思い出し将来溢れた彼らに重ね合わせると、自分の老いを感じ(笑)社会に慣れた自分を引き締めるいい機会にもなります。

これからの未来を築いていく彼らに私どもが残せるものはなんなのだろうか、と常に期待をしながら彼らに語りかけています。

さて、そんな新入社員の皆様に私は次のような事をお伝えしています。

『学生の頃に問われる「考え方や行動」の特徴は「何を知るのか、なぜ、そうなるのか」という理解力・知識力重視の発想でよいかもしれないが、社会ではそれだけでは足りません。
それらをアウトプットして、知恵として役立てることができて初めて、考え、行動したと言えるのです』と。

そこで、よく使う言葉に「百聞は一見にしかず」という諺があります。この言葉は、筍子の言葉を引用してできたものだと思われますが、この言葉には続きがあるのをご存知でしょうか?

百聞は一見にしかず

百見は一考にしかず

百考は一行(業)にしかず

(原文:不聞不若聞之。聞之不若見之。見之不若知之。知之不若行之)

あまり、一考、一行までは知らない人が多いので、社会人に求められることの説明によく利用しています。
また、なるほど、よくできた言葉だな~、といつも自分への戒めとして肝に銘じるようにしています。

しかし、この言葉実はさらに続きがあります。ここからは、ある先生が私に教えてくださったものです。

百行は一課にしかず (どんな行動も結果に繋がらないといけない)

百課は一認にしかず (どんな成果も、周りの人に認めてもらえるようなものでないといかない)
             → プロセスが問われるということです。

百認は一利にしかず (認められる結果も利益とならなくてはいけない)

百利は一貢にしかず (どんな利益も社会に貢献するものでなくてはならない)

どうでしょう。
一貢に繋がる仕事になるよう、この諺をいつも思い出しながら、自分の行動を振り返っています。
(なかなか、繋がらないのですが・・・)


スポンサーサイト



 | HOME | 

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示