FC2ブログ

儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > 2012年08月09日  

類稀なる才能。

2012 - 08/09 [Thu] - 14:00

鉄おんです。
わたしのネタはどうも、堂々巡りです。
今回も以前にアップしたことのある、
“類い稀なる才能”の人への憧れについてです。いつも恐ろしく長文ですんません。

私は、平々凡々とした一般人で、生きていく普通の能力ですら加齢のために衰えを感じ悲しくなる今日この頃ですが、
若いころから、人とは違う素晴らしい才能の持ち主、がある人に憧れています。もし、生まれ変わったら、基本的生活能力なんてなくて、天才に一度なってみたい!っとつまらないことを考えることがあります。
 ”頭のよい人“もその一つ。
 あ、私の周りにも頭のよい人、頭の切れる人、って沢山いらっしゃいますが、そんなものでなく”人間ばなれして恐ろしく頭がいい人“、EQでなくIQの高い人への憧れとでも言いましょうか。

 一度お会いして、何ともスゴイ!?と思ったのがリーダーシップ, モチベーション、クリエイティブマネジメントの金井嘉宏先生。サーバントリーダーシップの講演の後にご縁があって会食させていただきました。
学者って!?と驚愕です
 その知識欲の貪欲さ、が、そんじょそこらの人とは卓越していると、驚きました。
講演で3時間、そのあと大学講義を4時間終えて合流されたのですが、私や同席した人たちの(経済学に素人の集まりでした)すっとんで、どこへいくか読めない質問に丁寧に答えてくださるのですが、そのご自身の理論に面白くてしょうがない、もっともっと突き詰めていきたい、考えるごとに奥が深まり、と答えてくださいました。喋りだしたら止まらない方で、23時回ってもイタリアンを豪快に召し上がり、ワインを飲みながら、まるで講義のようでした。
教えてられる学生も優秀な人の集まりなんでしょう、彼らの成長にまた理論が広がり面白くてやめられない、ってな感じでした。
 毎日、深夜に帰宅してワインを飲みながら本を読めると思うと、楽しみで仕方ない、っておっしゃってました。(わたしら凡人はワインなんか飲んだら寝るしかありませんが)そして、ドラムを叩いて、また本を読みながら眠りに入るのが、楽しみ、だとか。

 もちろん直接会ったことはありませんが、最近新聞で読んだgoogle副社長からyahooCEOになったマリッサ・メイヤー氏。
フォーチュンの「50 Most Powerful Women」に最も最年少でランクインしたことがあります。スタンフォード出身で、googleというのは秀才の集まり、そして技術者の集団、まさしく天才コンピュータオタクの軍団である中、彼女もエンジニアとしてまだ20人ほどしか社員がいなかった当時のgoogle社に入社、さすがに女性技術者は数少なかったそうです。そして、その後、google EarthやGmail等の構築にも携わります。そこで才能を発揮していくわけですが、一番の功績は若手リーダーの育成と言われています。コンピュータの技術者の中からの特に優秀な選抜若手社員を”マリッサ学校“で300人以上マンツーマンで育てたと言われています。
 彼女は今妊娠を発表したばかり、そこでyahooCEO大抜擢です。類い稀なる優れた頭脳の持ち主、しかしそれだけではなく、技術から、人に関わり、googleが特殊な技術を持つ人たちだけでなく、一般の私たちに浸透したところが本当の彼女の功績と言われています。
 経営者としての今後の活躍に大いに大いに興味を持ち、期待しています。

私の従妹の子供のお話です、はとこです。
 幼いころから優秀だったと噂は聞いていました。ですが、そんな話はよくある話で、3歳になったら普通の人、ってなことはよくありますが、この子は違う。
 うちの長男と同じ年、昭和61年生まれです。
 京都大学にストレートで入ります、ま、ここまでなら賢い人、で終わるのですが、
学生時代にとある局より引き合い、こういった天才って引き抜かれるんですよね、アメリカ小説の話だけかと思っていましたが。
 しかし、彼女は(あ、女の子です)それを断り、大学院に進み、その後外交官試験を受けます。もちろん合格し、フランスに渡ります。
 外交官になり、このままいったらなんちゃら大臣とかになるのかな、と思っていたら、いつの間にやら外交官は“への河童”、私のやるべきことではない、フランス文学を突き詰めると、言い出したそうです。
 確かに幼稚園のころから勉強しかしない、中学生になったら、そんじょそこらの賢い子とは違う意味の天才だった。 
 最近彼女に会いました、今度は「フランス文学に明日は無い」とかって言い、経済マーケティングに路線変更、来週あたり渡米するそうです。
 意味が全く分からなくなっていますが、その子の両親(私の従妹夫婦)は自慢げに「ホント、先の読めない不良債権」と自分の娘へのお金のかかり具合を話してくれました。
 私だったら、何のために学ぶんだ!?目的を持て!みたいな話に持っていき、その
“類い稀なる才能”をつぶしにかかってしまうのかもしれません。
それは、私がものすごい一般peopleだからだと思います。
オリンピックを見ていても思います。
“類い稀なる才能”を育てる人たちもまた、それに近い“一般人にはない稀なる才能”を持ち合わせた人なんでしょうね。
 
 選ばれた才能、なのですよね。

スポンサーサイト



 | HOME | 

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示