FC2ブログ

儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > 2014年05月07日  

若い学生の皆さんの本音??

2014 - 05/07 [Wed] - 08:00

最近、大学生のみなさん、新入社員のみなさん等々、多くの若い人たちと「会社」「働くこと」についてお話をする機会がありました。



みなさん、結構しっかりしていて、かつシビア。



例えば、新入社員研修一つとっても、お話を聞くと、次のような声が・・・



「研修の講師の先生も大変だな~~、子芝居して無理やり起こっているのがわかる。怒ってくれて有難うという感じ」


「社会人のマナーとか、論理的思考とかポジティブシンキングとか、いろいろいうけど、自分ができてないよねとか思うこと結構ある。話し方とかかなりKYだし」


「話の内容が大げさすぎてついてけない、そこまでテンション上げなくてももっと普通でよくない?、とか思うけど大人だから一応付き合っている」


「会社の中でのマナー、って、サラリーマンじゃない人に言われても・・・いまいちリアリティない」等々



なかなか、辛辣な意見が出てくる出てくる。



まだまだ学生気分が抜けていなくて、わかっていないな~~、と思うことから、こちらがグサッとくる的を得た意見まで。



経済と一緒に企業がどんどん成長した時代には、個人が組織に従属することで確実に生活が豊かになり、仕事もライフキャリアも充実していくと信じることができました。



そんな時は、画一的かつ従来の採用方法や研修でも、若者は、便利かつ合理的を感じ、特段これらのシステムに違和感や疑問を感じることなく、素直に受け入れていました。



しかし、今、多くの若者は物理的には不足のない豊かな暮らしができるようになり、経済も企業も働き方すらもが成熟した今の日本の社会では、高い報酬やポスト、仕事の規模、明確な目標といったものをそこまで強く求めなくなって来ています。



そんな彼らは今の採用システムや一般的な人事制度が、個人個人の個性を重視せず、一人ひとりを「単体」として切り分け、組織の中の“機能”として合うか合わないかを判断するものとして制圧的なマネジメントを実行するための道具に過ぎない、と「入り口」の段階からなんとなく感じとり冷やかに見ているのだと思います。



そういった見方は、ある意味正鵠を得ていて、健全な捉え方だな~と納得する部分もあります。



だからこそ話す方のこっちも、研修や採用のあり方について、このような時代背景、感受性や考え方の変化などをよく考えて、うわべだけではなく、個人と会社がそれぞれの思い、個性を尊重できるよう、意見を交わしあったりコミュニケーションをとる機会を設ける、など、これまでとは違う対応をしていく必要があるな~~なんて感じたのでした。

スポンサーサイト



 | HOME | 

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示