FC2ブログ

儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > 2014年07月02日  

教えないこと、話さないこと・・・

2014 - 07/02 [Wed] - 08:40

ここのところ、コンサルティングに関する仕事をさせていただくことが増えています。


その際、場合によっては、社員の皆様に何かを伝えないといけないことがありますが、この時皆様はどのようなことを大切にされていますか?


私の場合は、「教えないこと」「多くを語らないこと」を心がけています。


人は、「人に言われて行動を変える」ということはあまりありません。


人は、自分で気が付いたときに、それを受け入れようと自分で決断したときに初めて変わり始めるのだと考えています。


だからこそ、自分で自分を内省していただくためにも、私は多くを、聴きに徹しています。


自ら言葉を発していただき、その中で大切なことに気がついてもらうよう、ただただアシストするだけです。


言葉を引き出すために、ただただ、質問をするだけです。


そして自らの言葉で目標にコミットしていただけるよう、一緒に、沈黙を大切にして悩み・考えることに寄り添うだけです。


いわゆるコーチングのようなものなのかもしれませんが、見ていると、多くの人は、知識はあってもそれを実践することは難しいのかもしれません。


ついつい、いいたくなるものですが、それを耐える。


このことがとても大切だと考えています。


また、人は、人の話を、聞きたいと思う内容、聞きたいと思うタイミングでないと、自分の中に取り入れることはなかなかしません。


だからこそ、私たちのは、その言葉、そのタイミングを、常に慎重に見極める必要があります。


その人の課題やここが足りないという部分を過去の経験や理論から、推測し、その人にあったアプローチはどんなものなのだろうと、いつも、会話の中で推測し確認をしています。


そして、その人が聞きたいと思えるタイミングをじっと待ちながら、心だけを寄せて、ただただ待っています。


「問題は、その人の成長の種」といいます。


私たちはその種を奪わないよう細心の注意をはかる必要があると考えています。


経験や、理論からついついその人が向かうべき方向性や必要性をついアドバイスしてしまいたくなりがちですが、その方向性に導くことこそが大切で、私たちが答えを与えることが大切ではない、このことを胸に大切にしまって、日々取り組んでいます。


また、最後に・・・


何事もいうことは易し、行うは難しといいます。自分がアドバイスなどをする際、その発言に足る人物であるかどうかは常に意識しています。

また、その発言に足る人物になろうとも常に意識しています。


日常の「行動」「振る舞い」「言動」・・・


どんな素晴らしい言葉も、どんな素晴らしいタイミングでも、「お前に言われたないわい」と相手がとらえれば、1ミリも役に立ちませんので。


「人は何を言うかではなく、誰が言うかが大切」とよくいいます。


そういう意味では、まず、自分を整えることが最も大切なのではないでしょうか?

スポンサーサイト



 | HOME | 

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示