FC2ブログ

儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > 2014年07月09日  

いいかげんにしてよ・・・

2014 - 07/09 [Wed] - 07:30


最近、お客様からの相談を受けていて、ホント、信じられないというケースが増えています。


1人でためていると体に悪いので、少し皆様におすそ分け。


① 退職が言いたくて

ある30代前半の男性の話。その人、普段から、コミュニケーションを人と取るのが苦手で、入社してわずかだったのですが、社員の方ともうまく話ができない人でした。
突然大声を出したり、意味の分からない事をいったり、ブツブツ何かを呟いていたり、と奇行も多く、みんな距離を置いてました。そんな感じで日々を送っていたところ、突然その人はこなくなり、そしてしばらくすると会社に内容証明郵便が!!

内容は弁護士からのもの。

会社は「え~~」と驚いて、どうしようか、てんやわんやです。
残業代の請求か、解雇されたとかいうのか、いったいどんな難癖を会社につけるのだろうと、書面を開いたところ・・・


「私は会社が嫌なのでやめます。今後の事は弁護士を通して下さい」


簡単にいうと、そんな内容のものでした。「えっ、とくに争うわけではないの?」と、不思議に思って、弁護士さんに連絡すると、バツが悪そうに「えぇ、そうなんです。辞めるということが自分で言うのが怖いので、親からの経由で、依頼を受けたんです。私もこんなの初めてで(苦笑)」との事。


私は一言言いたい。「大人だったら、自分の口でちゃんと言え~~」


② 昇給させろ!!

こちらも30代、今度は後半。その会社に勤めて、15年ほどになるベテラン社員。

まぁ、普段から態度が悪く、新しい社員が入ってもいじめたり、会社の指示を聞かなかったりとやりたい放題というわけで、会社からは、煙たい存在だったのですが。


そんな彼が、ある日突然総務に、神妙な顔をしてやってきました。


「どうしたの?」と話をきくと・・・


そろそろ自分も勤続して長い。だから権限が欲しい、ついては「部長にして下さい!!そして部長手当下さい!!」


いやいや、君、まだヒラなのに、どうして部長にジャンプするの??なんていう突っ込みは我慢し、これまでの勤務態度、評価などから、肩書をつけるわけにはいかない、と伝え、今後の活躍を促したのでした。


その話が終わって次の週。


なんと労働基準監督署から電話がかかってきました。


話の内容は、このベテラン社員から、「頑張っているのに、役職を与えないのは、おかしい、不利益変更だ(?)、と、監督署で主張があったとのこと。ついては、御社に彼の昇給を考えるよう、助言します」とのこと。

「あの~~、昇給って、会社の裁量権の範疇だと思うんですけど・・・」と、先方に言うと、相手の方は堂々と、「本人が、おかしいと言っている以上、これは個別労働紛争です!!」とのこと。


かなり苦し紛れな解釈で、多分「個別労働紛争」ではないと思うのですが (-_-;)


このベテラン社員、相当監督署で暴れたんでしょうね。にっちもさっちもいかなくなって、苦し紛れに「助言・指導」をせざるを得なかったのでしょう。


監督署も気の毒ですが、こんなとばっちり受けた会社はもっと気の毒。一応助言は聴かないといけないので、そのベテラン社員には、あらためて面談しして、正式に「昇格はしない」「部長などはありえない」旨を伝えたのでした。


その後、この社員は、個別労組に入り込み、会社と闘おうとしていますが・・・


私は一言言いたい。「そんだけ主張するなら、その分きっちり働かんか~~~~い」


③ 喧嘩は売ってません

最後は20代前半の男性の話。

学校を卒業して職を転々としていたようなのですが、入社してすぐに会社で問題に。

何があったというと、とにかく態度が悪い。

まず、先輩にはため口、社長の事をあだ名で呼び、仕事を命じたら「今他の事やってるやろ!!」と暴言を吐く始末。

挙句に果てには、工場長の指示を無視する始末。


ところがこの会社の社長、昔自分もやんちゃだったこともあり、結構こういう社員には寛容。


「話せばわかる」と信じ、粘り強く指導をされようとしたのですが・・・


社長「おまえな~~、仕事は一人ででけへんねんで。目上の人やお客様のはちゃんと敬語使わなあかんで。
   それにな~~、工場長はお前の上司や、どんなことがあっても指示は聞かな。忙しい時は、ちょっとすんません
   言うて、状況をせつめいせえや」

この説明に対して、

社員「社長、わかったわ。言いたい事はそれだけか?俺もちょっとは反省するから今日これで帰るで。 バイバイ」


社長これをきいてぶち切れ!!


「今ゆうたところやろ「バイバイ」って社長にどういうことじゃ!!友達ちゃうんやぞ!!!」

隣で聴いていた私も、これはひどいと思いながら

「あなたね、ちょっとは反省せえへんの?」と声をかけたところ・・・


「なんじゃ、お前(私の事)、ケンカ売ってんのかい!!どいつもこいつも(社長も含まれると思われる)喧嘩うっとんのかい、
 それやったら今こうたるやないか~~、かかってこんかい!!!!」


と非常にヒートアップなされまして・・・


私が、とても冷静に「Aさん、自分の言うてることわかってる?」というと、


「こんな会社辞めたるわい!!」と大見得きって、去って行ってしまいました。


辞めてくれたことは嬉しいのですが、何とも釈然とせず。彼が去った後、我々はただただ呆然と立ち尽くすのみでした。


それから数日後・・・・・


労働基準監督署から電話がありました。


Aさんが「解雇された。ついては解雇予告手当」を支払ってくれ」と言って来られたのでした。


私は一言言いたい「喧嘩も売ってなけば、解雇もいってないし!!」


事情を監督署に丁寧に説明したところ、彼は前科もあったらしく、監督署もとても大人の対応をしてくれたのでした。


その後、もれなく、組合に駈込まれましたが、組合にも丁寧に説明すると、「そりゃあんたが悪いわ」とこちらの味方になって、その人に説教してくれるという稀有な機会を得たのでした。


ちゃんちゃん。


なんだか、今まで想像しなかったことの連続で・・・、これからの日本はどうなるのだろう、と心配になる今日この頃です。


スポンサーサイト



 | HOME | 

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示