FC2ブログ

儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> T.S > 「躾」の大切さ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「躾」の大切さ

2015 - 08/12 [Wed] - 08:00

最近、なんだかな~~~~、という御相談事案が増えています。


特に、なんだかな~~~の代表格は、親が出てくるというもの。


百歩譲りましょう。


百歩譲って、会社との間にトラブルが発生して、本人が言いにくいので『親』がでてくる、というのは、企業も組織ですので、一対組織で怖いから、という理屈は何とか許したくありませんが許しましょう・


最近は、それ以上の話が多く、なんだか聞いていてこっちががっかりします。


例えば・・・・・

・遅刻する、という連絡が母親からあった。


・無断欠勤し来なくなった社員(20代後半男性)の親から、「離職票が遅い!!」いきなりクレームのような督促が来た


・「うちの事が会社を辞めたいと言っているんです」とお父さんからの連絡


・業務上大きな失敗をした次の日からこなくなり、親から一切の連絡をしてほしくない、との電話があった。


・仕事上での注意をしたら、次の日、「そんな指導は親である自分がするので、上司だからといってエラそうにしないでほしい」といいにきた父親


どれも、これも、大人だったら、自分でちゃんと対応しましょうよ!!と感じる事ばかりなのです。


解雇の通知は本人に到達して初めて効力を発揮するものなのですから、上記のようなことも、本人の口からちゃんと言わないと本来は意思確認できないのですが、そんな事を理由に「自分で言いに来なさい」なんて、これ以上面倒くさいのは嫌ですので会社はしないとは思いますが・・・


なんだか、これからのこの国は大丈夫か?なんて思ってしまします。


これらすべての事案に言えるのは、親の対応の在り方。


本来は親がこういう子が困難に直面したときこそ、立ち向かい、乗り越えるアドバイスをして「躾」をしていかなくてはいけないのですが、子供と一緒になって、近視眼的に対応をしているわけで、これが本人の将来の為になるのかどうかについてよく考えてほしいな~~と考えてしまいます。


最近はなんでもかんでも企業はブラックと言われ続けていて、そんなどさくさに紛れて、この手の問題も起きやすくなっているのかもしれませんが、とても残念に感じるばかりです。


古来より


「3つ心、6つ躾、9つ言葉、文12、理(ことわり)15で末決まる」


と、いいますがせめて「6つ躾」の段階をクリアできるようにご両親にはサポートしてほしいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nakajimajyukunsr.blog119.fc2.com/tb.php/1085-e8e9d024

 | HOME | 

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。