FC2ブログ

儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > 4864 > 4864雑感 VOL 5  

4864雑感 VOL 5

2013 - 06/25 [Tue] - 21:42

今日は、朝から引っ越しの手伝いに行った。
引っ越し業者とは「箱詰め」から「箱開き」のいわゆるすべてお任せの契約であった。
朝8時45分に引っ越し現場に到着したが、既に引っ越しの業者は到着していた。
荷物の箱詰めの準備をしようとしたが業者は「いいですよ我々がしますから~」と愛想がとてもよい。
業者は5人来ていた。
箱詰めが進む中で気づいたことだが、そのチームのトップらしき人は部下に対して丁寧な言葉をつかっていた。
例えば、「この箱詰めしたものをここに積んで下さい」であるとか「もう少しダンボール箱を作って下さい」などすべてに丁寧な言葉である。
普通は「おい!これをせい!」みたいなことが往々にある。
そんな中で私は少し違和感を感じたので、この業者の上下関係を注意深くみていたが、暫くすると営業担当者が来た。
役職は分からないが、カッターシャツにスラックス姿である。
私に対して「引っ越し業者の者です」と丁寧に挨拶され、しばらく作業の進捗を見ていたが、そうすると、ところどころで作業を手伝っていた。普通は、営業担当者だったら作業だけみているのだが、特に印象に残ったのが、最後に一番大きくて思いコピー機の搬出のときである。
その営業担当者自ら搬出を手伝い狭い入口付近では「手を挟まないで下さいね~」とか少し段差がある所では「超えかけたら押しますね~」など、どうみても部下に対して丁寧な言葉を使っている。

引っ越しは梅田からそれほど遠くないグランフロント近くまでだが、搬出を確認してその後引っ越し先に行き搬出荷物を今度は搬入だが、てぎわよく運んでくるし、我々の対応を見ながら「この荷物はそこにおいて下さい」と搬出時と同じように部下に対しても丁寧に対応するのである。

今日感じたのは、「お客様は大切です」しかしその業者は「従業員ももっと大切です」だった。

引っ越しを何度か経験しているが、次の引っ越しは本日の業者にお願いしたいと思った。

ちなみに、2名は紺で3人はブルーの作業服だったが、胸に入っている刺繍の社名は同じだった。

4864

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nakajimajyukunsr.blog119.fc2.com/tb.php/781-7fa7bbd1

 | HOME | 

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示