FC2ブログ

儲かる「開業」社労士を目指し、塾長 中島 先生のもと、相互研鑽に努める中島塾がタイムリーな話題をお届けします。 社労士開業をして間もない人、これから開業を考えている人、我々と一緒に頑張りましょう!!

  開業社労士を応援する営業道場「中島塾」 売上upにつなげよう!!のナビゲーター   トップページ > T.S > できる人とそうでない人の違い  

できる人とそうでない人の違い

2013 - 09/04 [Wed] - 08:30


先日、とある勉強会にて、感じたこと。





とある問題に直面した先輩のお話を聞いていて思ったのですが、


何かを成し遂げる人、と、そうでない人、の違いというのは、


問題直面後の「一考」が違うのかもしれませんね。




私なんぞは、少し難しい、困難なことに当たったら、簡単に、「これは無理」とできないことから発言してしまいがちです。


また、高い能力をもって、これらの問題に取り組んでいる人を見ると、「すごすぎる」「(自分には)無理」とやはりできないことから「一言」を発しているような気がします。




では、高い能力をもって、問題に取り組み、解決されている人と、私では何が違うのか、ついつい、「才能」の差に解を求めてしまうのが、我々凡人ですが、実際には違うんだろうな~~、と思います。




これら、高い能力の人と接していると感じるのは、スペックや機能はあまり変わらないということです。


むしろ、年配の先輩方にお会いすると、経験値は違うものの、身体的機能の面から考えると若い方が優れてさえいるかもしれませんが、それでもはいパフォーマーは年齢にかかわらず結果を出されています。





これらから出た結論。それは、根本の「OS(考え方)」なんだと思います。




困難に出会った時、「難しいな~」という、マイナスの考えから始めるのか、仕事に責任と誇りと覚悟をもって、「できない」という選択肢を捨て、「何とかするしかない、その為にどうすればいいのか」というところからはじめて問題に取り組んでいくのか、その、最初の一考の違いが、時間をかけ、大きな差になっていくのだと考えています。


マイナスから始めると、人に頼ったり、簡単なところで妥協したり、ついつい人は楽な方向に流れがちだと思います。



逆に、「やるしかない」という覚悟から始まる人は、どんな時も、「やるしかない」の精神で、努力を惜しまずトライ&エラーを繰り返されていたからこそ、その積み重ねが数年後に大きな実りになっていらっしゃるのだと思います。


そして、そのような努力の積み重ねは、非常に密度の高い土台になっているため、ちょっとやそっとでは揺らぐことの無い「自信」と「確信」に繋がり、ますます、仕事に前向きに取り組むことができ、他の事も好転していくのだと思います。



これらの最初の一考、言われればわかっても、実際には無意識のレベルで自身を方向づけています。



だからこそ、凡人の私は、常に自身の発言や行動に気を付けて、これを習慣になるまで強制しなくてはいけません。



このように素晴らしい教えを背中で語って下さる先輩方との出会いに感謝するとともに、背中で語って下さる教えを大切にして、私も「OS」を育てていきたいと思ったのでした。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nakajimajyukunsr.blog119.fc2.com/tb.php/808-9f52442c

 | HOME | 

お気に入りに追加(開業頑張れ!!)

ブログランキング(開業・独立)

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

なかじまじゅく (開業社労士)

Author:なかじまじゅく (開業社労士)
皆さんこんにちは!!我々は社労士の明るい未来を考える、なかじま塾です。よろしくね!!

クリックで救える命がある。

最新コメント(開業社労士の皆様へ)

月別アーカイブ

カテゴリ

夢語る掛け軸

最新記事

Facebookページもあるよ!!

開業社労士のリンク

開業支援「中島塾」

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示